こんなイベントがあった

自動車の本質

クラシックカーやノスタルジックカー、それらはすなわち生産された年代・車両・人気の有無という観点から考えて貴重とされている自動車となっている。これらはそれなりに価値を持っているものとなっているので、大切に利用したいと思うのは必然だ。ただせっかく買ったのに乗り回さずにコレクションとして保存する資産家などもいるが、それはそれで自動車としての本質を台無しにしている。自動車は走ってこそなんぼのものだ、走らなければ何の意味もないものであり、それらがきちんと機能していなければ存在価値が損なわれてしまう。乗らなければ乗らない分だけ、自動車にも劣化という目に見えていない部分で損壊は生じてしまうものです。

購入したら走らなければ意味は無い、最新型にしてもそうだが、旧車は元々製造されてから年代が経過しているため年代物ともなれば劣化スピードは最新型の倍以上だったりする。きちんと整備していれば安定もするが、いつかは自動車も壊れてしまうものだ。そうなる前に一花咲かせようとする催し物があったりもする。それは長きにわたって開催されていたもので、現在では日本でも同名のクラシックカーレースとして多くの著名人が出演していることでも知られている、『ミッレミリア』という自動車レースがある。

昔人気があった車

趣旨として

クラシックカーレースと呼ばれるミッレミリアについて、こちらはクラシックカーと定義される自動車がいうなれば競争しあうレースとなっている。白熱したバトルが繰り広げられるわけだが、当然レースによって車体に何かしらのダメージが入ることもある程度は覚悟しておきたい。貴重な自動車でなんてことをするんだと思う人もいるかもしれない、しかし自動車の在り方などを考えるとどうせなら思い切り加速できるところまでしてみるのも、悪いことではない。

そもそも古風な外観をしている自動車が走る姿は実に壮観だ、見ているだけであんな自動車があったのかと関心を抱く人もいるはずだ。個性的なモデルをしている自動車を見るのが楽しくていい、なんていう人にはこの大会に参加してみるのもいいでしょう。そんなミッレミリアと呼ばれるクラシックカーレースについて、大会の趣旨を見てみよう。

1:参加者が笑顔でいられるように
催し物だからこそ参加している人、観衆している人、そして裏方のスタッフ全員が笑顔でいられなければ大会をしている意味が無いとしている。走っても楽しい、見ていても楽しい、関係者としても楽しい、を目指している点ではお祭りという本質に近いところがあるでしょう。
2:古い年代の自動車に対して敬意を払う
クラシックカーと呼ばれるものは、今後二度と生産されることのない車両ばかりとなっている。それらに対して敬意を払いながら、かつて作られた名機でありながらいまだに動くクラシックカーの存在を大事にしていこうとする、そんな理念もある。
3:苦難を乗り越えた先の喜び
古い自動車ともなれば、最新型とは違って走行距離が増えれば増えることによって車両そのものに加重されるダメージは蓄積されていきます。それが限界を超えるとマシントラブルとなり、最悪二度と動かなくなってしまいます。ミッレミリアではそうした危険性も加味しながらも、完走出来た時に苦難を乗り越えた喜びを分かち合えると信じている。

元はイタリアのクラシックカーレースとして

こうした趣旨のもとで開催されているミッレミリアだが、これは21世紀に入って日本で開催されているもののことをさしている。そう、このイベントにはかつての原型とも言えるモデルになった同名の大会があるのです。同名の大会で、かつてイタリアで開催されていたもの、それが日本へと輸入されて現在でもクラシックカーレースの代名詞として知られているのです。

イタリアで開催された同名のイベントは、1927年から1957年の30年間にわたって開催されていたもので、伝説的な公道レースとして語られている。それが日本に入ってきたことから全てが始まりを告げた。

あこがれのクラシックカー

見ているだけで十分

クラシックカーレースとして日本でもミッレミリアが開催されて、今年2015年開催されればちょうど20回目となる節目の年だ。何かしら大々的なイベントが計画されていると予想されるため、その点についても気になるところ。ただクラシックカーを所有している人にすれば、この大会に出場したいと思う人ばかりではない。せっかく苦労して手に入れたクラシックカーを壊したくないと思う人は、もちろん無理に出場しなくてもいい。その分、人が走らせている様子を眺めている分には気はまだ楽のはず。

所有しているが大会には出たくない、けれどどうせなら観衆として参加してみるのも悪いものではないため、自動車ファンなりたての人は特に一度参加してどんなものなのかを知って見るところから初めてみよう。

旧車を語る

クラシック派のあなたへ

高性能な輸入住宅 千葉を低価格で建てるなら、アーキ・ピュアホームがおすすめ!