日本における年代別分類

毎年新しいモデルが発売されている

流通市場において見ても、自動車産業における新製品である自動車はとにかく毎年沢山のモデルを発売している。携帯にしても家電にしても、毎年多くのものが新商品として前年に発売されたものよりも最新の機能を搭載している、そんな触れ込みで多くの物が発売されているから目移りしてしまうことなど頻繁だ。ただ1年間使用しただけで最新式のモデルに乗り移るというのは早計だ、それをしている人もいるのだから凄いと感じる部分もある、どうしてそこまで新しいものではないと駄目なのかと疑問に思ったりもするが、経済的に回っている点を思えばメーカーとしては高いお金を出して購入してくれる点を考慮すれば幸いといったところだ。

自動車という存在がないと生活していけないという人がいる、人によって理由はそれぞれだが趣味としている面が強いとなおのこと自動車に掲げる熱意といったものはそこはかとなく強い傾向にあると考えるべきかもしれない。ただ現在までに発売されている自動車の最新モデルだけがいいという人ばかりではない、先程も話したが旧車と定義される自動車の購入に専念している人もいると思うと中々感慨深いものだ。新しく発売されたものよりも旧車購入という選択肢を選ぶ人もいるが、なにも旧車が好きだから買わないという人ばかりではない。

先ほど話した、旧車と呼ばれるものは一般的に1975年、または特定の規定を満たした1979年までに作られた車種のことを指していますが、もう少し具体的な車種を取り上げながら旧車について話をしていこう。

昔人気があった車 サイトのペナルティ解除のことなら株式会社そらいろにおまかせください。他にも自社運営サイト集客サポートやショッピングモール集客サポート、レベニューシェア型サービスなども行っております。

具体的な車種として

先程はクラシックカーとノスタルジックカー、両者とは何かについて話したが詳しい車種について取り上げていなかったため、その点について少し話をしてみよう。先程も話したが、クラシックカーと呼ばれるものとノスタルジックカーとは別物と考えた方がいい、価値基準の問題でどちらともを混同して考えてしまうのは適切な考えではない。ですが、昨今厩舎について紹介している雑誌などでは、その基準があまりに独特過ぎるもので、明確な線引についても各々の判断に委ねられているというのが現状の旧車認定における状況だ。

そのため、愛読している雑誌が違うだけで旧車についての意見も分かれてしまいがちなので、実際にこれまで生産されたものの中でクラシックカー・ノスタルジックカーとはこういう車両のことを指しているのだと言う点を憂慮しつつ話をしていこう。

クラシックカーの具体例

  • メルセデス・ベンツSSK - 1928年式
  • トヨタAC - 1947年式

極端な例を挙げてみたが、見てもらえれば分かるようにクラシックカーと呼ばれるものには日本国産だけではない、国外で生産された自動車も当てはまる。国外で生産された自動車の中でクラシックカーとして名高いのは、誰もが知るところの高級外車として名が知れている『ベンツ』は有名所だ。その中でも1928年代において開発された上記のメルセデス・ベンツSSKタイプは、今見ても画期的とも言えるフォルムとデザインをしているため、欲しいと思う人も多いはず。扉が上に上がるタイプのものもあるので、かつては先進的と言われた扉の開け方も最近では全自動で開閉できるようになっているので、そういう意味でも発展が目に見える。

そして日本国産のトヨタACモデルも、自動車ファンにとっては喉から出るほど欲しいクラシックカーの代名詞となっているため、いまだ人気は高い。マニア層にはたまらない素材となっているが、一般的な人にしたら、中々理解し難い話かもしれない。

ノスタルジックカーの具体例

  • トヨタ・クラウン - 1962年式~1974年式
  • 日産・セドリック - 1960年式~1975年式
  • ホンダ・N360 - 1967年式~1972年式

日本独特の言い回しとなっている旧車、その中でもノスタルジックカーと呼ばれるものについて話をして見ると、このように日本有数の自動車メーカー大手3社で開発されたもので固められている。N360についてはすでに1970年代で生産終了となっているため、これから時間が経てばノスタルジックカーからクラシックカーと認定されることも視野に入ってくる。

現在でも生産され続けているトヨタのクラウンについては企業としても人気の高い車両となっており、日産・セドリックも現在でこそ生産はストップしているが、長年愛され続けてきたブランドとなっている。どれが好きは好みによって分かれるところだが、こうした有名所はマニアでなくても一般的に知られている部分となっているでしょう。

あこがれのクラシックカー

だからこそ奥が深いんです

こうして見てもらえれば分かるように、旧車について話をするとただ一括りにしたら自動車ファンの逆鱗を撫でるようなものなのです。いま発売されているモデルにはない魅力、それがクラシックカーやノスタルジックカーにあると言う点を認識して欲しいと、そう訴えられている人もいるのではないか。流石に興味が無い人を関心するように訴えると鬱陶しがられる事になってしまうため、適度な加減で妥協をすることも念頭に入れておきたいところだ。

旧車を語る

クラシック派のあなたへ

コートハウス、テラスハウス、タウンハウス…あなたの好みはどれですか?緑区 不動産 阿部不動産ならきっとお探しの住まいがみつかります。